スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピーの発症を抑える犬効果

新聞で見つけた記事より

家族の一員として飼っている犬が、喘息・アトピー・花粉症などのアレルギーに対する抵抗力を発達させるという記事です。

調査したのはドイツのチームで、9千人の新生児から6歳までの子供を対象に血液サンプルと親が詳しい質問に答える形で行われたようです。

それによると、赤ちゃんの時から家で犬を飼っていた場合は、顕著にアレルギーに対する抵抗力が高くなり発症を抑えられているというものです。

犬との接触は多いけど、飼ってはいないケースだとあまり抵抗力は上がっていないようで、 動物の毛が家の中に持ち込まれることで抵抗力が発達してくるのではないかということでした。

犬でも猫でも動物って不思議な力を持っていますよね。

momo18.jpg

Dogs reduce allergies in kids

German researchers have apparently confirmed that keeping a dog as a family pet will reduce the chance that kids will develop allergies - a finding which backs a theory that having a mutt about the house "trains the immune system to be less sensitive to potential triggers for allergies like asthma, eczema and hay fever".

A team from the National Research Centre for Environmental Health in Munich, led by Joachim Heinrich, carried out a six-year study of 9,000 kids, Reuters explains. Parents "answered detailed questionnaires about possible allergic symptoms in their children, from birth to the age of six, and blood samples were also taken from a third of the group to test for antibodies to common allergens".

Heinrich confirmed: "Our results show clearly that the presence of a dog in the home during subjects' infancy is associated with a significantly low level of sensitization to pollens and inhaled allergens."

Significantly, children who had frequent contact with dogs but didn't have one at home lacked the same protective effect. The reason is unclear, but it's suggested youngsters may get "beneficial early exposure to germs carried into the house on the animal's fur".

The team's findings are published in European Respiratory Journal. R


人気ブログランキングへ
今日はお疲れ気味のボーイズママ ゲンナリ!
スポンサーサイト

学力低下の食品添加物

ちょっとまじめなお話。

初めてE numberという言葉を耳にしたのは、子供がお菓子を食べるようになってからです。
イギリスのお義母さんにE numberの入ったお菓子を食べさせてはいけないと、口うるさく注意されたからです。(ありがとう その時はあんまり真剣に聞いていなかったよ。 ごめんなさい)

NZにもE numberを気にしているママは沢山います。

E numberは合成食品添加物 原料は主に石油です。
食品添加物は発がん性物質だとご存知の方も多いかと思いますが、

昨日のイギリスの新聞で
E numberを多く摂取する子どもの学力が、摂取しない子供の学力と比較して
違いがあるという内容でした。
IQテストで平均10ポイントも差が出たそうです。

Googleで検索しE number index のページで調べてみたら、すごい種類がありました。 


そのなかでも、昨日の新聞に挙げられていた
学力低下を引き起こす恐れのあるE number とは
( )は日本名です

E102 Tartrazine(タートラジン 食用黄色4号)
E104 Quinoline yellow(キノリン イエロー)
E110 Sunset Yellow FCF(サンセット イエローFCF)
E122 Azorubine Carmoisine(日本では指定外)
E124 Ponceau 4R Cochineal Red A(食用赤色102号)
E129 Allura Red AC(アルミニウム レーキ 食用赤色40号)
E211 Sodium benzoate(安息香酸ナトリウム)
momo08.jpg


主にお菓子や清涼飲料水の着色料として使われています。

NZには食べたら、口の中がすごい色になるキャンディーや 
色だけしか付いていないようなカラフルな飲料水が子供たちに人気です。

そして、子供でさえも糖尿病の発症が深刻な社会問題になりつつある現状。

成人病、癌、そして学力低下、私たちが便利になる一方で子供たちが危険にさらされているのも
事実です。


人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。1日1回 愛のクリックを!

プロフィール

Kay

Author:Kay
2004年イギリスからニュージーランドへ移住したKayさんのブログです。
登場人物
長男 あーや
次男 ティフ
Momo(ワイマラナー)
元旦那

最近の記事
カテゴリー
Kayさんの会社です
Ryugaku123_banner.jpg
お買い物
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。