スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルチャーショック

8年程閉じていたニュージーランドで子育てをしていた時の記録をひもときました。毎日1記事開いていきますよ。


記事は下にありますよ~。
留学123夏休み親子留学ボタン
スポンサーサイト

ドイツなBBQ

友人の家でBBQでした。
こちらの家族は私たちと同じ時期に、ドイツから移住してき来たフランカ(奥さんの名前)ファミリー
bbq01.jpg

チリに住んでいたことがあるそうで、彼女の作るサルサDipは絶品
写真がないのが残念ですが、ナショチップスと一緒に食べると止まりませんでした。
そして前菜に生ハムメロン 
bbq02.jpg

前菜はベランダでいただきました。逆光で写真が暗いですが絶景です。
bbq03.jpg

BBQはね旦那さんが焼き担当は当たり前。女性は手出しをしませんよ。
bbq04.jpg

そしてここ、彼女は今きゅうりを切っています。 でもまな板は使いません
私が結婚した当初 これはカルチャーショックの一つでした。 でも今では私もきゅうり、人参、ジャガイモ、ブロッコリーなどなど まな板を使わなくなりました。
bbq06.jpg

チリポテトという彼女自慢のポテト料理と、ジャーマンポテト。
このジャーマンポテトには赤ワインビネガーが隠し味に入っていて、めちゃくちゃ美味しかった。
ソーセージはわざわざネルソンのドイツ人お肉屋さんから取り寄せたという本格フランクフルト3種類
bbq07.jpg

デザートはもう一家族お呼ばれしていたバーバラ(ドイツ人)が作ってきたドイツの焼き菓子
&私のチョコメロンパン
bbq08.jpg

彼女の住む家はこの辺りでもビバリーヒルズ?かというくらい億ションなお家が並んでいます。



人気ブログランキングへ

NZ田舎の朝市

昨日ベジマイトのラスクの記事で 
ベジマイトって何? とか食べてみたいとか勇気あるコメントをいただいたので

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で調べてみたら

ベジマイトはイースト菌抽出物を元に作られている。実際には醸造の副生成物であり、麦芽抽出物も含んでいる。ベジマイトはチアミン (B1)・リボフラビン (B2)・ナイアシン (B3)・葉酸 (B5) などのビタミンB群に富んでいる。
ほっほおう~なるほど・なるほど

オーストラリアとニュージーランドでは非常にポピュラーである
確かにそうよ、みんな大好き!
半ば冗談でオーストラリアの国民食と言われることもある
そんな感じするする
ベジマイトは外国人、特にアメリカ人が毛嫌いすることで悪評が高い
ヘェーそうなんだ!
ベジマイトを嫌悪するオーストラリア人も多く存在する。
そうかもね
味や生産はイギリスのマーマイトに類似しており....
そうそう!そっくりだわ

って結構、厳しい説明よね。 んじゃ マーマイトも見てみるか 

他に類を見ない味と香りのため外国人には理解できない味とされることが多く、日本や米国などでは悪評が高く普及してはいない。

ごらごら、そこまで言うかぁ~まぁ否定できないけどね。

んで、すっごく前に、何かの記事でマーマイトとベジマイトについて書いてあったの。
自転車にさす油のような臭いがする」って
それ読んだとき 私 確かに!確かに!ってすごく笑ったことを思い出したよ。

どう?買ってみる気になった? ビタミンBの宝庫、美容と健康のためにいかがかしら?!

って説明長くなったけど。

写真は今朝のSaturday Market撮影担当 あーや
market02.jpg

market03.jpg

market04.jpg

market043.jpg
友人が買ったもの
market01.jpg


人気ブログランキングへ

NZでも鍋よ

これは2週間くらい前に友人のお庭からいただきました。

cook12.jpg


左がフィジョア 
子どもたちの大好物フルーツです。

右はライム

下がアジアンファイヤーというチリ
ホントにファイアーだった。

それで、ライムが手に入ったらやっぱり鍋。
なぜなら ポン酢が作れるからです。 そのお話は こちらから

鳥の手羽先のもっと先の捨てる部分でだしをとって。
cook11.jpg


鳥団子鍋
cook10.jpg

落としても割れない 硬い豆腐と
白菜がないんで キャベツ。
もやし、ニンジン入りです。

なんだか 最近料理ブログになってきた
NZ情報を発信するつもりだったんですけど・・・

それでも応援していただけますか?

人気ブログランキングへ

何にでもブランストン

今夜の夕食は お肉たっぷりのコロッケになりました。
IMG_1092.jpg


コロッケ食べるときはウスターソース派な私です。

でもね、うちの旦那とティフはブランストンピクル派なんです。
IMG_1093.jpg


それって何? でしょ?

イギリス人しか知らないと思いますが、
バーベキューソースとんかつソースみたいな濃厚ソースの中に
いろんなピクルスの角切りが入っています。

イギリス人には、いえ、うちの旦那だけかもしれません・・・・

チーズ&クラッカーには欠かせない存在。

サンドイッチにも塗ります。 絶対入らないとブーイングの嵐です。

とんかつ作っても、とんかつソースじゃなくてこれが必要です。

日本にも売ってますのでぜひ試してみてね。
おいしいよ~ ってティフが言ってます。
ちなみに私は・・・・ごめん(汗)


人気ブログランキングへ

| NEXT≫

プロフィール

Kay

Author:Kay
2004年イギリスからニュージーランドへ移住したKayさんのブログです。
登場人物
長男 あーや
次男 ティフ
Momo(ワイマラナー)
元旦那

最近の記事
カテゴリー
Kayさんの会社です
Ryugaku123_banner.jpg
お買い物
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。